読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuta_tea.masterの日記

金沢在住。ファッション業界と茶の湯に片足ずつ入れております。金沢歴活副代表としてのブログも。

一期一会を最初にとなえたのは井伊直弼って知ってます?直弼ゆかりの【埋れ木】

今朝もいと重さんでございます。

彦根という街は滋賀県内でも特殊な街で、どう特殊かというと城下町だということ。

単純ですいません。

それも全国でも有数のお城を有し、お城が街の中枢にあるという、がちな城下町です。

城下町という歴史を背負った都市は近隣自治体に比べると遥かに気位が高いという、動かしがたい事実がありまして(金沢人の能登や富山に対する接し方も同じですね)、そこに住まう人々は収入の多寡に関わらず気位が高いので不思議です。あと、街にみんな誇りをもっておりますよね。

閑話休題

さてさて、城下町には和菓子が付き物、歴史のある和菓子屋さんがある、それが彦根ではくだんのいと重菓舗さんで、その銘菓として筆頭が今朝のこちらでございます。

f:id:easybreezy2627:20170530075152j:image

 【埋れ木】です。

歴史に造詣が深い方ならははぁーん!と膝を打つでしょうがこちら、彦根のお殿様井伊直弼がまだ部屋住まいだった頃の庵、埋れ木舎にちなんでつけられた名前。

部屋住まいとは、簡単にいうと無職です。

まぁニートですね、しかもお金持ちのエリートニート夏目漱石風にいうと高等遊民かな。

井伊直弼はエリートニート時代に茶の湯を極めてしまいまして茶の湯に関する書も記しました。それが『一会集』と呼ばれるもので一期一会という言葉はこの中で初めて使われます。

茶の湯を学ぶ方は井伊直弼のことをもっともっと再評価していただきたいものです。

 

肝心の埋れ木のお味ですが、白餡を柔らかい求肥で包み、その上から抹茶味の和三盆糖をまぶしてあります。ほのかな甘さがある求肥は柔らかく口の中でほどけてころがり、抹茶の香りがお茶を誘います。

とにかく抹茶に会う一品、滋賀に行かれた際はぜひご賞味あれ♪

下記からお取り寄せもできます!

Yahoo!ショッピング - 彦根銘菓「埋れ木」 売れ筋通販 - いと重菓舗

 

今朝もいと重だぜ!【織部薯蕷】

おはようございます、昨日は伊勢湾から日本海まで列島縦断。金沢の和菓子マニア兼アパレル店長の高橋です。

今朝は金沢に戻りまして、いつものごとく自宅にて一服。

どこにいようとお抹茶飲めばいつもの日常、まさに日常茶飯事でございます。

おとものお菓子はこちら。

f:id:easybreezy2627:20170529075507j:image

季節限定お菓子の【織部薯蕷】

お味はいたってポピュラーな薯蕷饅頭で中身は漉し餡。写真のような緑釉っぽい緑のアクセントカラーを織部〇〇と表現するんでしょうか?

っと思ってググってみるとやはりそうらしい。

他の和菓子屋さんサイトにも説明文ありました。

松河屋老舗 | 商品紹介 | 上生菓子 | 織部薯蕷(おりべじょうよ) | 名古屋の和菓子

 

明日もいと重さんのお菓子の予定♪

 

いと重菓舗【笹だんご】【夏牡丹】

ひたすら抹茶と和菓子の投稿しておりますが仕事はアパレル販売員、高橋(yuta)です。

昨日、今日と三重県にて仕事でした。

今金沢へ帰る新幹線の中でございます。

出張というか、旅慣れてはいますが革靴での移動プラスたち仕事でやはり下半身にダメージが。。

まぁ明日も朝から仕事ですが。

さて、三重県へ移動する途中滋賀県に立ち寄りました。

何を隠そう僕は滋賀愛が強い男で、過去にはこんな投稿もしたのでした。

滋賀愛が強すぎて滋賀出身戦国武将で打線を組んでみたら思いの外豪華打線になった - yuta_tea.masterの日記

今回も前のり的に滋賀に立ち寄り、彦根築城410年祭で湧く街にて和菓子を購入してきたのです。

こちらです。

f:id:easybreezy2627:20170528192614j:image

笹だんご

f:id:easybreezy2627:20170528192634j:image

夏牡丹

いと重は今までにも何度か投稿しているのですが、季節モノの笹だんごと日持ちしない上生菓子ははじめて!

夏牡丹は、正直それほど感動はなかったのですが(ごめんね)笹だんごはほっぺ落ちそうなくらい良かったです。

道明寺で漉し餡を包んであり、餅米のみずみずしさがたまらんです。もう、めちゃ柔らかくて香りもよい。

 

 本店、駅前通り店、ビバシティ店で買えるようですので、滋賀へ立ち寄られた際はぜひ♪

 

滋賀 お土産なら和菓子の老舗 『いと重菓舗』

すずめ【もちどら】

金沢駅で買える和菓子のご案内。 

f:id:easybreezy2627:20170526130600j:image

すずめさんの【もちどら】

金沢駅あんとで購入できます。

 f:id:easybreezy2627:20170526130621j:image

すずめさんといえば豆餅が有名なのですがどら焼もあるとは!

中にはお餅と粒あん。

もーちょい皮に醤油なりの風味があったらもっと好きかな。

パッケージも可愛い一品でした♪

思わずといっては失礼ですが、予想以上に美味しかった末広堂さんの【金沢めぐり】

ありがたいもので、お茶の歴史を講義したり、お茶会のイベントの企画のお話をいただいたり、休みの日も慌ただしくさせていただいております、金沢の和菓子マニア、高橋(yuta)です。

同時進行でいくつか話がすすんでいるのですが、

和菓子に興味がある20〜30代向けの、ややお洒落な和菓子イベントを定期的に行う(とりあえず和菓子を食べる部活のような。。)

散々和菓子を食べてきているので、オリジナル和菓子をどなたかと協力して考える

・昨年、毎日抹茶1,000日達成記念イベントをするといってやれてないので年内にする

・【茶室で日本酒飲みながら密談】企画をカタチにする

も、やりたい。

あと、和歌か漢詩の勉強もしたいですねぇ。。

暇なんで欲張っていろいろしていきす。

さて、今朝はこちらのお菓子です。

美味しかったなー。

f:id:easybreezy2627:20170525131229j:image

末広堂さんの【金沢めぐり】

鮮やかなコーティングがされた求肥の中身は栗餡で、もちもちっとした中に栗の甘さが広がり、胡桃で風味と食べ応えをプラスした間違いのないやつ。

パッケージを見たとき、中身がなにか想像つかずとりあえず買ってみたんだけど見た目に愛らしくお味が美味しい、あたりな金沢和菓子でした。

金沢の百貨店やスーパー等の銘菓コーナーで買えますよ♪

 

金沢の新しい和菓子、銀さんの【OHAZIKI】

金沢に新しく誕生した和菓子をご紹介。

近江町市場と東茶屋街のちょうど中間に位置する尾張町尾張町の古いビルを改装したBNFM内にある銀さんです。

 f:id:easybreezy2627:20170524080303j:image

ショーケースに和菓子が並びます。

色々ありましたが僕が選んだのはこちら。

f:id:easybreezy2627:20170524080625j:image

カロンみたいな見た目の【OHAZIKI】

漉し餡、白餡、抹茶餡など数種類のお味が選べます。

f:id:easybreezy2627:20170524080742j:image

 f:id:easybreezy2627:20170524080806j:image

肝心のお味は、皮はとても薄く中身のぎっしり餡子を楽しむ薄皮饅頭タイプのようなかんじ。

お洒落お菓子がたくさんあり、上生菓子もいろいろ食べてみたいなぁと思いましたね。

f:id:easybreezy2627:20170524235308j:image

どら焼も美味しそう。

 

それにしても、味とは関係なく敢えて苦言なのですが、、

セレクトショップのような洗練された雰囲気があってお洒落なのですが、お洒落すぎて

お店の入りにくさ加減が半端ありません。。。

見つけにくい、狭いって意味ではありません。ちと近づきがたい雰囲気が。。。

「ぼ、僕が入ってもいいでしょうか!?」って感じなんですよね。。

まぁそれは金沢のお店あるあるで、商売っ気のなさが実に金沢らしい。。と言えるのかな、ぼくも金沢人だけど。

二回三回と通って距離が縮まることを期待です。

 

Address: 〒920-0902 石川県金沢市尾張町1-8-1 BNFM 1F
Tel: 076-225-8807
Open hour: 11am – 6pm
Close: 毎週水曜日、木曜日

SHIROGANE

こんな美味しい最中は久しぶり!小矢部市は若林屋総本家【三国一】

2014年1月1日から毎日抹茶と和菓子をいただいております遠州流の高橋(yuta)です。

毎日和菓子をはじめてからは意識的にいろんな和菓子を口にするようにしていますが、それ以前に僕は最中とどら焼が大好物でして、いろんなお店のモノをいただいてきました。

特に最中は、今や幻になってしまった滋賀県は旧西浅井町の勝進堂さん【湖宝】が不動の1位。

湖宝は最中を一個一個、箱に小包装していて溢れんばかりの粒餡を風味ある皮で包んでいるのが特徴。

おしまれながらご主人の引退によって幻に。。

それ以来湖宝を超える最中を探してやまないのですが、本日は湖宝にせまる最中を口にしました。

これです。

f:id:easybreezy2627:20170523132625j:image

富山県小矢部市の若林屋総本家さんの【三国一】

まず包み紙も素敵なんですがこれは民藝で著名な棟方志功さんの作。

お味は漉し餡とお餅のコンビネーション、そしてなにより皮の風味がよい!!

中身が美味しくても皮がヘナチョコな残念最中が多いのですが、三国一は皮も美味しい!

 

侮っておりました、若林屋総本家さん。

これからはヘビーユーザーになります。

 


富山県小矢部市泉町13-10
電話番号 0766-67-0408
営業時間 8:30~19:30
休業日 無休
駐車場 あり