読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuta_tea.masterの日記

金沢在住。ファッション業界と茶の湯に片足ずつ入れております。金沢歴活副代表としてのブログも。

歴活世界史【ハプスブルク家】

ハプスブルク家

いつも思うのですがめっちや噛みそうになりますよね。

はい、歴活副代表をつとめておりますyutaです。

 

歴活でも一度取り上げたことがあるハプスブルク家。今日はそのお話。

実は僕は26歳の頃にウイーンひとり旅をしておりまして、ハプスブルク家はその頃によく勉強いたしました。

f:id:easybreezy2627:20161116232632j:image

シェーンブルン宮殿まえにて

 

なので、思い出もひとしおなハプスブルク家です。

 

f:id:easybreezy2627:20161116231522j:image

↑これはハプスブルク家マルガリータ王女

 

しかし「世界不思議発見」などで何度か取り上げられて知名度はそれなりに(ヨーロッパ屈指の名家に対し失礼きわまりないですが)あるにも関わらずあまり詳しく知られていない印象です。

 

ポイントをグッと絞って説明しますと

①13世紀半ば〜20世紀初頭までヨーロッパ政治の中心で活躍した名家

ハプスブルクとは、ドイツ語で【鷹の城】の意

神聖ローマ帝国皇帝を代々世襲した

④16世紀にはドイツ・オーストリア・ハンガリー・ベルギー・オランダ・スペイン・スペイン領中南米まで【日の沈まぬ帝国】を築く。18世紀以降はオーストリアの首都ウイーンで洗練された宮廷文化を発展させた。

⑤一族で有名な人物は、、

世界帝国を築いたカール五世、国母といわれたマリア・テレジア、宝塚の演目にもなっているエリザベート

 

⑤は、他にももっとおるやろ!とツッコミが入りそうですが、上の3人+マリーアントワネットくらいをおさえておけばほぼほぼOKかと思います、はい。

 

このハプスブルク家を理解するにはその母体である神聖ローマ帝国についても知らねばなりませんので、それはまた次回に!